GO!

アクセスカウンタ

zoom RSS インビクタス

<<   作成日時 : 2010/02/05 21:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

本日公開の「インビクタス」を観てきました。

アカデミー賞では、作品賞にはノミネートされなかったものの、主演男優賞と助演男優賞にそれぞれモーガン・フリーマンとマット・デイモンがノミネートされています。
去年の暮れからラグビーを見にいったら、試合前やハーフタイムには必ずスクリーンに流れていました。
ストーリーは1995年のラグビーワールドカップでの南ア優勝がベースになっています。
映画は意外とあっさりと描かれていますが、当時の社会情勢、人種差別などがあって混乱している1つの国をまとめるために、ラグビーワールドカップで優勝をめざすというものです。

でも「インビクタス」はただのラグビー映画ではないです。
映画の中にはいろいろなメッセージが込められていると思う。
タイトルもそうだけれど、映画の中で語られるひと言ひと言に感動させられる。
様々な場面でラグビーの精神を見て取る事が出来る。
選手と少年達がラグビーを通じてふれあうシーンとか。
決勝戦のシーンでは実際に試合を見ているようで興奮しました。
そして試合後、いちばん印象的だった、優勝杯を掲げる2本の手。

ラグビーに馴染みの無い人でも十分楽しめると思いますが、ラグビーが好きな人が見れば100倍感動できる映画だと思う。

次のラグビーワールドカップは2011年のニュージーランド大会。
そして2019年には日本でもワールドカップが開催される事が決定しています。
そのときは一体どんなドラマが生まれるのでしょう。




インビクタス?負けざる者たち
日本放送出版協会
ジョン カーリン

ユーザレビュー:
期待以上のおもしろさ ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
インビクタス GO!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる